安全・防災活動
HOME > 安全・防災活動

安全・防災方針

私たちは、労働安全衛生の向上に必要な機能及び経営資源を活用し、『無災害・無事故達成!』を目標に以下の方針により安全衛生管理の継続的改善を推進いたします。

1.5S活動において安全で快適な職場を確保し、事故の未然防止を図る。
2.労働安全衛生方針の達成のため、安全衛生活動の目標を設定し実施するとともに定期的に見直しを行う。

 

安全・防災活動

私たちは、PET樹脂の原料として危険物を扱っています。 そこで定期的な防災訓練や消火器訓練をしています。 
また泡消火設備や粉末消火設備などの特殊消火設備も有しており、専門家による操作方法教育も定期で実施しています。

安全・防災活動

安全衛生パトロールは安全事務局と共に社長自らが毎月各職場を巡視しており、緊張感のあるパトロールを実施しています。
AEDや心臓マッサージといった救命講習も、消防職員を迎えおこなっています。

安全・防災活動

私たちは、職場に潜在する危険有害要因を特定し、危険有害要因毎のリスクの見積りを行い、リスクの評価を行い、リスクの低減対策を行う為の「リスクアセスメント」を以下の手順で行っております。
 1)ヒヤリハットや赤チン災害に潜む労災発生要因の特定
 2)年間計画に基づき、毎月2部門をピックアップしてリスクアセスメントを実施
 3)上記の結果を、毎月開催の安全衛生委員会において、他部門との討議を通じ、更に有効なリスク対策を講ずる

 

このページの先頭へ