HOME >ニュース一覧 >消火競技大会へ参加しました

消火競技大会へ参加しました 防災活動

防府地区危険物安全協会は毎年防府地区の危険物安全協会に加盟している企業を対象とし、消火競技大会を開催しています。この大会は身近にある消火設備による初期消火技術習得を目的としており、当社は新入社員の消防訓練の一環として、事前に社内訓練を行い大会に臨んでいます。

2009年は11月5日に実施され、男性2名、女性2名が参加。男性消火器競技ではプロパンガスボンベから噴出す炎を消し、女性消火器競技では着実な電話通報から消火に挑みました。消火バケツ競技は他社との混合で行われ、初対面の方々と協力し、バケツリレー形式で一定量の水を運びました。ビッシャ(山口の方言で『ずぶ濡れ』の意)になりながら挑み、1位から3位のチームそれぞれに当社社員が入りました。

2010年は11月5日に実施され、男性2名、女性2名が参加しました。

▼参加者です。

▼男性消火器競技では2箇所を消火。

▼女性消火器競技では天ぷら鍋からの出火を想定。

▼消火バケツ競技は4人1チーム。(各社混合)

このページの先頭へ