環境活動
HOME > 環境活動

環境方針

私たちは、地球環境の保全が人類共通の基本的責務であるとの認識に立ち、ポリエステル樹脂メーカーとして、「環境にやさしい樹脂の特性を活かした企業活動を行う」を基本理念に、以下の環境方針を定めます。

1. 環境マネジメントシステムの継続的改善を図ります

各職場に環境管理担当者を選任し、約3か月に1度のペースで担当者会議を開き、情報を密にしています。また、内部環境監査は半年毎、社長を交えての環境会議も半年毎に実施しています。

2. 環境関連の法規・規制・業界基準並びに、当社が同意するその他の要求事項を順守するとともに、自主管理基準・業務手順を整備し、継続的な環境保全・改善を進めます

当社の該当する環境系の法規だけで約50種あり、大気・排水・産廃・化学物質など多様な法律を法改正前の段階から対応しています。

3. 汚染予防および環境保護のため、以下を推進します

  1. 化学物質管理の推進、環境汚染物質の排出削減
    環境担当部署を始め、危険物保安監督者、特定化学物質取扱作業主任者の相互協力のもと排出抑制に取り組んでいます。
  2. 省資源・地球温暖化防止の推進
    省エネルギー委員会、省エネプロジェクトなど、定期・スポットでの活動を積極的におこなっています。また、鉄道輸送へのモーダルシフトにおいては約10%という高水準を達成しています。
  3. 開発・設計段階からの製品アセスメントの推進
    環境に考慮した製品開発・材料の選定を行っています。

 

環境目的

私たちは、環境方針に沿い以下の環境目的を定めます。

  1. 有害物質の環境汚染防止推進
  2. 製品開発における環境配慮
  3. 設備の省エネルギー推進
  4. 廃棄物の減量化、資源化率を高める

 

環境組織図

環境組織図

このページの先頭へ